2008年04月19日

Google Social Graph APIでTwitterを可視化するJavaScriptのアップデート版




Google Social Graph APIでTwitterを可視化するJavaScriptを先日書きましたが、何が役に立つのかよく分らないと思いますので、少しだけ書き直しました。followしている、されているの関係もアトリビュートとして取りこまれています。各ページへは、アトリビュートブラウザのURLをクリックしていただければジャンプできます。その引っ張って来たデータを元にした可視化の一例が上の図です。ハブが誰かよく分ると思います。

オリジナル画像は、ここここにあります。スクリプトはこのページの下の方にあります。

汚いコードなので真似しないようにお願いします(笑)。要するにスクリプトなら汚くても、データをネットから引っ張って来るくらいはすぐに出来ます、と言うことです。
posted by 大野圭一朗 at 09:53| サンディエゴ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。