2008年04月16日

Cytoscape 2.6.0の新機能 1: Web Serviceクライアントマネージャ


Cytoscape 2.6.0から、各種Webサービスヘの接続を監理する機能が付きました。メジャーなデータベース、例えば、NCBI Gene、BioMartといったものは、外部にAPIを公開していて、そこへアクセスするプログラムを作製することにより、容易にデータを取得することが出来ます。今回のリリースでは、NCBI Gene, Pathway Commons, IntAct, BioMart, PICRをサポートしました。これにより、各種ネットワークデータやアノテーションを上の例のようなユーザーインターフェースを使い、簡単にインポートすることが可能です。

英語ですが、簡単な解説はこちらにありますので、ご一読下さい。

http://www.cytoscape.org/cgi-bin/moin.cgi/SampleWebServiceClients
http://www.cytoscape.org/cgi-bin/moin.cgi/WebServiceWorkflow

タグ:cytoscape java
posted by 大野圭一朗 at 04:12| サンディエゴ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93525971

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。