2007年11月17日

Cytoscape 2.6の新機能: ウェブサービス・クライアントマネージャ




Cytoscape 2.6の開発も佳境に入ってきました。今回は大幅なユーザーインターフェースの変更などはなく、小さめの新機能をいくつか取り入れると言った感じになっています。その中でも比較的大きいのは、各種ウェブサービスへの接続を可能にするウェブサービス・クライアント・マネージャです。基本的に、各種ウェブサービスへのクライアントをラッピングしてCytoscapeに取り込むシンプルな機能なのですが、いくつかのデータベースへの接続をデフォルトでサポートします。上の例は、IntActデータベースへ接続して、クエリをもとに自動的にネットワークを生成するクライアントです。この他にも、NCBI Entrez Gene, Biomart, UniProtKBなどへ接続してデータ(ネットワーク、アトリビュート)を取って来る機能を標準でサポートします。
posted by 大野圭一朗 at 04:35| サンディエゴ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。