2007年06月27日

Excelを使って、辺の属性を含んだネットワークファイルを作成



Excelでネットワークファイルを作る場合、ネットワークに関する情報以外の列では、辺の属性(アトリビュート)を同時に取り込むことが出来ます。その辺りの解説をここに追加しました。STRINGなどのデータベースでは、このような形式のテキストデータでネットワークファイルを提供していますので、Excelで加工しやすいと思います。
posted by 大野圭一朗 at 14:07| サンディエゴ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | チュートリアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。