2007年06月16日

Cell Circuits



Cytoscapeなどでネットワーク解析を行い、最終的にモジュールを発見したあとはもちろん論文にして発表するわけですが、今日の生物学では、そう言ったアウトプットをデータベース化し共有して行き、またそのデータから新たな発見が生まれる、と言うのが一般的です。

そんなアウトプットの一つの例としてCell Circuitsがあります。
読んで字の如く、生体内の機能的モジュールを回路に見立て、既知の「回路」をクエリに基づいて表示するウェブアプリケーションです。

サーチ結果のSIFリンクをクリックすれば、すぐにCytoscapeで読み込めますので、一度使ってみてください。


posted by 大野圭一朗 at 20:33| サンディエゴ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | チュートリアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。