2006年12月15日

テキストマイニングによるネットワーク構築

生物学でのネットワークデータ(PPI、パスウェイなど)入手には、主に三つの方法があります。一つ目は、公開されているDIPReactomeなどのデータベースからダウンロードする方法です。もう一つは自らのラボからのデータを解析し、それをネットワークファイル化する方法、そして最後に、文献データを解析して、そこからネットワークデータを抽出するものです。

Cytoscapeには、Agilent社から無償で公開されているAgilent Literature Searchというプラグインがあります。これは、PubMedなどの複数の文献データベースに対してメタサーチをかけ、その文献から得られた情報を元にCytoscapeで利用できるネットワークデータを構築するソフトウェアです。ネットワークファイルとして公共データベースに公開されているもの以外にも、文献として公開されているPPIなどの情報もたくさんありますので、そう言った中からネットワークをマイニングする場合には非常に強力なツールとなります。



posted by 大野圭一朗 at 15:49| サンディエゴ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | チュートリアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。