2009年04月21日

Google Summer of Code 2009 採用プロジェクト

と言う訳で、Googleの方から正式発表になりました。

http://socghop.appspot.com/org/home/google/gsoc2009/genmapp

(カッコ内はメンター名)

  • Kozo Nishida Processing-Based New Visualizer for Cytoscape 3 (Keiichiro Ono)
  • Chinmoy Bhatiya Phylogenetic tree plugin for Cytoscape (Peng-Liang Wang)
  • Xuemin Liu Superpathways in Cytoscape (Thomas Kelder)
  • Chetan Bansal Ontologies for Wiki Pathways (Alexander Pico)
  • JIANJIONG GAO ID Mapper, Network Merger and Pathway Merger (David States)
  • Adem Bilican Biopax plugin(import, layout, export) for PathVisio (martijn van iersel)
  • Yan Jie, freddy Chua From Enrichment to Gene Networks (daniele merico)
  • Gerardo Huck Cytoscape GPU Assisted Graph Layout Plugin (Daniel Abel)
  • Stephen Federowicz CyAnimator: A general purpose animation tool for Cytoscape (Scooter Morris)
  • Srinivasarao Vundavalli Integrated data mining in Cytoscape 3.0 (Maital Ashkenazi)

以上の10名が参加することになりました。今年は初の日本人参加者も居ます。Cytoscape 3をベースに開発を行いますので、安定した機能として皆さんに使っていただけるのはちょっと遅くなるかもしれませんが、Processingをベースにした三次元やアニメーションも含んだ可視化エンジン、CUDAとC言語を使ったレイアウトアルゴリズムの高速化など、面白いプロジェクトが揃ったと思うので、ここでまた進捗状況を報告していきたいと思います。
posted by 大野圭一朗 at 10:17| サンディエゴ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。