2009年03月11日

JRubyによるスクリプトの例

kozo_niさんによるCytoscape用のJRubyスクリプト機能を使ったサンプル:

http://d.hatena.ne.jp/kozo-ni/20081123#1227450737

KEGG APIを利用してネットワークにアノテーションを追加するスクリプトです。

Cytoscape 3からは、スクリプト機能を標準で搭載したいと思いますので、今後はこういったスクリプトを共有する為に、我々のサイトに投稿出来る仕組みも作成する予定です。
タグ:JRuby cytoscape
posted by 大野圭一朗 at 16:42| サンディエゴ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115471895

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。