2008年09月27日

Cytoscape + Ruby, Python, JavaScript and Groovy


Cytoscapeでは、今後Javaによるプラグイン開発以外にも、スクリプト言語による自動化やプラグイン開発をサポートする予定です。現段階でも、以下のスクリプト言語をサポートしています:

  • Ruby
  • Python
  • JavaScript
  • Groovy

Cytoscape 2.6.1用のプラグインとしていずれも公開していますので、ちょっとした作業の自動化などに使ってみたいと言う方は、ぜひお試しください。以下のサイトにてサンプルなどを公開しています:


Rubyのプラグインには、予めBioRubyも組み込んでありますので、すぐにKEGG API等をCytoscapeのAPIと組み合わせてご利用いただけます。
posted by 大野圭一朗 at 07:57| サンディエゴ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107203024

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。